三鷹市のおかだ耳鼻咽喉科 | 一般耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科・アレルギー科

OTORHINOLARYNGOLOGY VACCINATION

耳鼻咽喉科の予防接種

OTORHINOLARYNGOLOGY VACCINATION

耳鼻咽喉科の
予防接種

・耳鼻咽喉科の予防接種

インフルエンザワクチンのほかにおたふくかぜワクチン、帯状疱疹ワクチン、肺炎球菌ワクチンの接種を行っています。
接種を希望される際には事前にクリニックへ御連絡ください。

ワクチン名 価格 特記事項
インフルエンザワクチン 初回4,000円
二回目3,000円
接種期間(10~12月)
おたふくかぜワクチン 5,000円 1歳以上
帯状疱疹ワクチン
(生ワクチン『ビケン』)
8,000円 50歳以上
帯状疱疹ワクチン
(シングリックス®)
初回22,000円
二回目18,000円※
50歳以上
2か月後に二回目接種

※インフルエンザワクチン、帯状疱疹ワクチン(シングリックス)の二回目のお代は当院で初回を接種した方に限ります。
生ワクチン(おたふくかぜワクチン・帯状疱疹ワクチン『ビケン』)接種後、別の種類の予防接種を受ける場合は28日以上の間隔を空ける必要があります。

・耳鼻咽喉科の予防接種

接種を希望される際には事前にクリニックへ御連絡ください。

ワクチン名 価格 特記事項
インフルエンザワクチン 初回4,000円
二回目3,000円
接種期間(10~12月)
おたふくかぜワクチン 5,000円 1歳以上
帯状疱疹ワクチン
(生ワクチン『ビケン』)
8,000円 50歳以上
帯状疱疹ワクチン
(シングリックス®)
初回22,000円
二回目18,000円※
50歳以上
2か月後に二回目接種

※インフルエンザワクチン、帯状疱疹ワクチン(シングリックス)の二回目のお代は当院で初回を接種した方に限ります。
生ワクチン(おたふくかぜワクチン・帯状疱疹ワクチン『ビケン』)接種後、別の種類の予防接種を受ける場合は28日以上の間隔を空ける必要があります。

   

ムンプスウイルスの感染によって生じる耳下腺炎です。潜伏期は2~3週間で、小児に多い感染症ですが、大人になってから発症することもあります。また片側だけではなく、数日遅れて両側に発症することが多いのも特徴です。
おたふくかぜの重篤な合併症の一つとしてムンプス難聴があります。(発症率は1000人に1人)発症すると片耳の聴力は失われます。治療法はなく、失われた聴力はほぼ回復しません。ムンプス難聴の予防としてワクチンを接種することが大切となります。ワクチンを打つことによって予防できる難聴です。
当院ではおたふくかぜおよびムンプス難聴の予防としておたふくかぜワクチン接種を行っております。1歳以上で、任意接種(自費となり税込みで5,000円)です。
おたふくかぜワクチンは、ムンプスウイルスの毒性を弱めた生ワクチンです。2回接種が基本で、1歳以降に接種することができます。初回と二回目の間は、最低でも1か月以上間隔を空けます。日本小児科学会では、1歳で一回目の接種、小学校入学前の1年間の時期(5~6歳)に二回目の接種をすることを推奨しています。

   


過去に水痘や帯状疱疹にかかった人は病気が治っても帯状疱疹ウイルスが体の中に潜んでいて、成人や高齢者になって免疫が低下したときに帯状疱疹を発症する可能性があります。帯状疱疹発症後の神経痛はなかなか治りません。また帯状疱疹ウイルスは顔面神経麻痺をおこすことがあります。帯状疱疹ウイルスによる顔面麻痺は神経痛同様治りにくく一生片方の顔が動かなくなってしまう可能性があります。日本における帯状疱疹ウイルスによる顔面神経麻痺の患者数は年間約10,000人と推定されています。ワクチンを接種することによって顔面神経麻痺をかかりづらくし、発症しても重症化しにくくすることができます。
当院では帯状疱疹および帯状疱疹ウイルス由来の顔面神経麻痺の予防として帯状疱疹ワクチン接種を行っています。50歳以上で任意接種です。過去に帯状疱疹に罹ったことのある方でも接種可能です。

帯状疱疹ワクチンには、「生ワクチン『ビケン』」と「シングリックス®」の2種類があります。
「ビケン」製の帯状疱疹ワクチンは、弱毒化された生きたウイルスが含まれています(生ワクチン)。小児に使用する水痘ワクチンですが、2016年から帯状疱疹予防として認可されています。
一方、「シングリックス®」は帯状疱疹を予防するために独自に開発されたワクチンで、サブユニットワクチンという種類のものです。ウイルス表面タンパクの一部を抗原とした組換えワクチンで、生ワクチンではありません。
費用は下記の通りです。シングリックス®は2回接種となります。接種希望の方は事前に連絡をお願いします。
生ワクチン『ビケン』 8,000円
シングリックス®  初回22,000円・二回目18,000円
それぞれのワクチンの効果について説明します。
生ワクチン『ビケン』の場合、帯状疱疹の発生率が50~60%減少します。しかし、帯状疱疹予防効果は接種後3~11年で減弱すると報告している論文もあり、ずっと効果が続くわけでない点に注意が必要です。
シングリックス®は、従来の生ワクチン『ビケン』に比べて帯状疱疹を予防する効果が高く90%以上の発症予防効果が認められています。また、発症予防効果が少なくとも10年間たっても認められているのがシングリックス®の特徴です。
まとめると「帯状疱疹を絶対に予防したい」と考えるなら、高価ではありますがシングリックス®。「少し心配だけど、そこまでお金はかけたくない」と考えるなら生ワクチン『ビケン』になります。

   

現在本邦では働き方の変化によりお母さんが働きやすい社会になってきました。その反面、集団保育は低年齢化し、子供同士が病気をうつし合うことによって耳鼻科疾患が慢性化し増加しています。遷延性中耳炎や反復性中耳炎の原因菌は様々ですが、肺炎球菌も原因菌の一種です。肺炎球菌ワクチンを接種することにより中耳炎の重症化を予防することができます。
小児用肺炎球菌ワクチンは2011年から公費助成が始まり、2013年度から定期接種となりました。公費助成以降、肺炎球菌による細菌性髄膜炎は71%減少しました。2011年からは7価ワクチンから13価ワクチンへと切り替えられ、さらに予防効果が高まっています。
子供の急性中耳炎の原因としては①肺炎球菌、②インフルエンザ桿菌(あのインフルエンザウイルスとは別もの)この2つで過半数以上を占めます。特に肺炎球菌は発熱、耳痛などの症状が強く、以前は重症化して入院が必要となることもありました。
2才未満の子供は免疫系が未熟で肺炎球菌に対する免疫反応が起こりにくいため、髄膜炎や重症肺炎などの命に関わる感染症の予防を目的としてワクチンが作られました。中耳炎は本来の目的とは少しずれるのですがワクチン接種が普及するにつれて重症の中耳炎も減っています。肺炎球菌ワクチンは公的補助の対象ですので中耳炎の重症化予防のためにも接種をお勧めします。

初回接種の月齢・年齢 接種回数 接種スケジュール
生後2か月~6か月 4回 初回から4週以上の間隔で二回目(定期接種では13か月未満までに接種)
二回目から4週以上の間隔で三回目
三回目から60日以上の間隔をあけて生後12か月~15か月に四回目
生後7か月~11か月 3回 初回から4週以上の間隔で二回目
二回目から60日以上の間隔をあけ、1歳代(生後12か月~15か月)で三回目
1歳 2回 初回から60日以上の間隔で二回目
2~5歳 1回 1回のみ
6歳以上 接種不可